消防設備工事・弱電工事・電気工事
 
 
    
 
 
  

 
 
 

消防用設備とは

「消防の用に供する設備、消防用水及び消火活動上必要な施設」の総称です。
 
消火設備、警報設備、避難設備などの
「消防の用に供する設備」
防火水槽や貯水池等の
「消防用水」
消防隊が活用する
「消火活動上必要な施設」
 
万一火災が発生した場合、火災の発生を一早く知らせ、火災を消火し、速やかに避難することでき、消防隊の現場活動が迅速に行えれば火災による被害を最小限に軽減することができます。
これらの行動をすべて人の力で行うことには限界があります。
このため、消防法第17条では、建物の所有者、管理者または占有者に対してその建物の用途、規模、構造及び収容人員に応じてある一定規準に従い消防用設備を設置することを義務づけています。

 

消防の用に供する設備

消火設備

  • ・消火器
  • ・簡易消火用具(水バケツ、水槽など)
  • ・屋内消火栓設備
  • ・スプリンクラー設備など

警報設備

  • ・自動火災報知設備
  • ・ガス漏れ火災警報設備
  • ・漏電火災警報設備
  • ・非常警報設備(非常ベル、放送設備など)
  • ・非常警報器具(警鐘、携帯用拡声器など)
  • ・消防機関へ通報する火災報知設備など

避難設備

  • ・すべり台
  • ・避難はしご
  • ・救助袋
  • ・緩降機
  • ・避難橋
  • ・誘導灯
  • ・誘導標識など

 
 
 
 
 
 

消防用水

  • ・防火水槽又はこれに代わる貯水池等消火活動上必要な施設

 
 
 
 
 
 

消火活動上必要な施設

  • ・排煙設備
  • ・連結散水設備
  • ・連結送水管
  • ・非常コンセント設備など